Committee 2018

一橋大学ディベートセクション、Hit-Uの執行部並びにメンバー紹介です!

昨年度のメンバー紹介はこちら


Chief
Yuka Shimmura

Hit-Uの頼れるチーフ。皆からありりんと呼ばれるHit-Uのアイドル的存在。プライベートでは愛犬ポピーをこよなく愛し、学業優秀、品行方正であるが、一度スピーチ台に立てばその姿は圧巻。上海で鍛えたという流暢な英語を駆使し、どんな強敵にも臆することなく相手のArgumentがまるでなかったかのようにしてしまう彼女のスピーチには誰もが圧倒される。そしてついにはその思い切りの良さで「たたいてかぶってジャンケンポン」でキャプテンの頭を見事に叩いてしまった。持ち前の負けん気で1年後半からメキメキと上達し、数々の大会で優秀な成績を収めた彼女から今後も目が離せない。Twitterに生息していることが多いから、まずはTwitterをフォローすることから始めてみよう。 

From Akira Sato

 

Captain
Moeka Sato
きゃす。本名はHit-U内でも依然として浸透していない。持ち前の迫力とキャプテンシーで個性溢れる今年のHit-Uを引っ張っていく。気が強く言葉が鋭い時もあるが根は優しい(はず)。実直な努力家であり、新入生の良いお手本になるに違いない。大会では何かしらの形で毎度ブレイクする。実は繊細な心をお持ちなので、取り扱いの際は細心の注意を心掛けたい。責任感が強い一方で、抱え込みすぎる時もあるので、支えがいのあるキャプテンである。

From Shuhei Aoyama

 

General Affairs
Shuhei Aoyama
Hit-Uディベキチセクション所属。自信満々に華麗なステップを踏みながら大声でスピーチをする姿は、まるでミュージカル。一度観れば魅了されること間違いなし。
勝ち負けにこだわる頑張り屋でもある。そのおかげもあって次々に実績をあげるなど、努力は報われるを体現する人。これからもHit-Uをリードしていってほしい!
Twitterが絶賛配信中だから、みんな是非フォローしような。 From Koki Wakabayashi

 

Domestic Liaison
Akira Sato
何事にも100%以上で取り組むHit-Uきっての努力家。その真面目さゆえか、大会では同期で誰よりも早くジャッジとして功績をあげた実力者でもある。噂によるとGPAもかなりよろしいらしく、経済学部の頼れる先輩になること間違いない。銀縁眼鏡がトレードマークでさぞお堅い人かと思いきや、ラインスタンプや絵文字が女子に負けず劣らず可愛いというお茶目な一面も。 From Aya Iihoshi

 

Ko Morishita
 愛称はもりこー。ちょっと尖った見た目に兼サー先はテニサーということから一見近寄りがたいように思えるが実はHit-U1の人の良さと真面目さを合わせ持っている!(意外?!) 誰に対してもいつでも優しく気配りができるその姿に多くの人が救われているのは言うまでもなく、(冗談抜きにこんなに人がいい人は滅多にいない!)
その優しさが滲み出ているスピーチは聞いている人の心を温かくしてくれます…!そして4人兄弟の長男でもあり面倒見もよい👏 マターの復習量も物凄く、実は努力家さんです。 また甘党であり最近は抹茶スイーツにはまっているのだそう(かわいい) 大学1年を満喫した彼は2年生からは勉強しかしないと誓っているらしいので真偽の程は怪しいけれど見守ってみましょう笑  From Saki Hayami

 

Shintaro Masuko
増子。ひっちゅーが誇る大物哲学者兼マスコット。「他の人間と違う道を歩みたい」と言う彼は、変わり者の多いひっちゅーの中でもさらに個性的で、周りからは「先生」と慕われている。彼の哲学的思考は、ディベートにおいても遺憾無く発揮され、好成績を残してきた。哲学者でありながら気さくな彼は、最近一人暮らしを始めたらしいので、是非彼の家をひっちゅーの第2の部室として活用しよう!  From Daisuke Hirayama

 

Foreign Liaison
Hiroki Yamanaka
Hit-uのいじられキャラ。まじめでクールな印象とは裏腹にディベートにかける思いは熱い。高校時代は山岳部に所属しており、富士山に泊まり込んでガイドのバイトをしていた。ディベートでは優れた英語力と冷静な分析で活躍。その落ち着いた雰囲気から組みやすさ№1ともいわれる。会話をすれば必ず名言をのこしてくれるので、ぜひ話しかけてみよう!  From Keigo Miyoshi

 

Koki Wakabayashi

わたし若林こうき!! どこにでもいる通学時にパンをくわえて走ってる大学生!ある日突然、ロジカルステッキを手にしたわたしは悪の組織オポジットサイドから世界を救うディベート少女になっちゃったの。英語を話せないのにどうやって戦えばいいの~?? 悩めるわたしだったけど頑張って、最近では世界大会でも予選突破できてもしかして良い感じ!?今日も世界の笑顔を守るためにロジカルイクステンション!!  From Ko Morishita

 

Takaki Watanabe
わたかき。一見気難しいように見えるが、かわいい子を見かけたとき、鋭いツッコミができたとき、何かものごとが上手くいったとき、にやっと笑うのがかわいいとの一説がある。ディベート面ではHit-Uが誇る有能First Speakerの一人。プレパでは冷静沈着、分析を次々と論理的に原稿に落とし込み、ニュアンスまで汲み取ったスピーチをしてくれる。3回の一年生大会をともに戦ったチームメイトからすると、どんな時でも勝ち筋を示しチームを勝利へと導く彼のReplyスピーチは神、誰よりもうまい。親バカならぬペアバカである(周囲談)。だが誰が何と言おうと彼のReplyスピーチは神なのである。 From Moeka Sato

 

Finance
Daisuke Hirayama
メガネとのシンクロ率、天パの癖では圧倒的強さを誇るHit-uの天パ担当。もはやメガネをかけていなければ平山は平山ではない。ずば抜けた情報処理能力、どんなつまらないノリにも全力で応えてくれる対応力を兼ね備えた彼なら、きっと優秀な会計となるだろう。新入生はぜひ彼に一発芸をせがんでみよう。抜群のギャグセンスで爆笑をもたらしてくれるだろう。 From Keiji Kurimoto

 

Promotion
Chanon “Gato” Sukhumdecha
Hit-uディベート留学生担当。
ディベートの練習に熱心に参加する一方で、日本語と法学部としての勉強もしっかり行っている。タイ出身である彼は本名がとても長いため、皆から「ガトー」という名前で親しまれている(名前の由来は本人に聞いてみてね!)。そのため、スーパーなどでガトーショコラを見つけるとふと彼のことを思い出したり、彼に感謝を述べる時は「ありガトー」が定型文だったり、それに加え喋り方が和やかだったりなど、癒されポイントがすこぶる高い。

From Yuka Shimmura

 

Daisuke Inagaki
Hit-u男子はクセが人の形をしているが如き人間の集まりである。例えるならばスパイスを調合せず片っ端から突っ込んだ激辛カレーのようなものだ。そんな胸焼けしそうな男子陣の中で、いなだいはまさに隠し味の牛乳。その素朴でまじめな人間性でクセを緩和してくれる、マイルドな存在なのだ。
…冗談はさておき、彼のディベートへの熱意は人一倍。努力の末先日は初スピーカーズプライズを獲得するなど、頭角を表しつつある実力者である。 From Hiroki Yamanaka

 

Jaime Han

 シンガポールからの最強兵器。ネイティブの上にディベートの経験者。先輩の方でもムズイモーションが出たときに「ジェイミーに聞こう」がいつも聞こえる。素早いスピーチと適切に感情を込めるディベートは特徴。性格はめっちゃExtrovert。初対面でも他大でも色々な人と適応できる。誰とでも会話するのはいい点だと思う。だから、ディベート成長したい人、外国人と話したい人、そして将来のシンガポールの外交官と友達になりたい人、彼女を話しかけてみよう!  From Gato

 

Yoshioki Jinzenji
Hit-Uの中で名前が一番覚えやすいメンバーかもしれません。(先輩の名前が覚えられない一年生にとって便利です。)彼の強みは英語力だけではなく、スピーチも名前のように印象深いです。今までもらった賞としては ADI Winter Tournament の Octo Finalist、KK CupのGrand Finalist と8th Best Speaker、BP NoviceのGrand finalistと Momiji Cup のDouble Octo Finalist etc…(文字数たりないほど多いです)彼は真面目に一生懸命ディベートの上達を求めるけど、ユーモアに溢れています。せひ、声かけてみよう!  From Jaime

 

Event
Keiji Kurimoto
けいじくりもと、こいつはできる男なのである。では彼の戦績を見ていこう。選ばれし4人のみが参加できる梅子杯ではクオファイ出場、8th best speaker。全国から猛者が集う紅葉杯でもオクトに進出、4th best speakerに選出。最近行われたアジ橋でも見事8th best speakerとなった。パッと見ひっちゅーのディべキチ共に比べるとキチガイ度は低く見えるかもしれんが、こいつ、ヤバいやつやで…!!(文字数の関係で用語は省略してるから先輩に聞いてみてね)
From Kaho Tomizawa

 

Keigo Miyoshi
我らが新歓代表、通称みよっしー、三好、三好先生。法学部で培った思考力と豊富な人生経験を生かしたディベートが持ち味。彼の手にかかれば難解なloveモーションさえもただのパターンゲームと化してしまう。彼と組めばプレパが安定するのはあまりにも有名。
私生活に関しては非常に味のある良いやつであり、しばしば出る三好節は多くのファンを虜にする。みんな積極的に話しかけてみてね! From Daisuke Inagaki

 

Suzuka Fukumura
姐御。持ち前のキャパの高さでキワモノが多いこの代のひっちゅーを優しく受け止め、コントロールする。一年の時はダンスと両立、現在は歴然たる企画のドンとして存在感を発揮し、既にその迅速たる行動は始まっている。ディベートにも真面目で普段の練習にも積極的に参加、国際大会のADITで初ブレイクも決めた。
唯一の欠点はラインで多用する(;-;)の顔文字が何を表したいのかよくわからないことだ。
From Shintaro Masuko

 

Rooming
Aya Iihoshi

音に聞く たづきも知らで しばなく鳥 結ぶべからむ あやあらむかは ☆議論の方、その紛れなく勤め、とつくにの言葉、心に入れたまはむ人は、また願ひに従ひ、かたへに迎へ入れたまへしか☆。何事も、げに、思ひ知りたまひける頼み、こよなかりけり☆。かやうにても、御蔭に隠れたる人々多かりける。☆今一度、DebateのTeam組むついであらまほし☆ 山おろしに耐へぬ木の葉の露よりも あやなくもろきわが涙かな!?☆

From Tsubasa Kamiyama

 

 

Rin Ichise
いっちー。元バレー部で高身長かつお洒落な彼は一見大学生大学生しているが、実は人一倍努力家で真面目な一面を持つ。ちゃらんぽらんモードと真剣モードとの切り替えは必見。
From Takaki Watanabe

 

Saki Hayami
茨城県出身。ディベート経験者。故郷の高校に帰ると横断幕で迎えられるほどの超絶Vip兼神童。その圧倒的ステータスに加えある固有技能が突き刺さる。それがハイトーンボイス。その圧倒的高音による番外戦術が相手の精神を追い詰める。ポケモンのBW時代にあった先行決定アドバンテージみたいな感じ。強い(小並感)。ただそれを維持するための睡眠もまた必然。彼女は22時には寝落ちしているのである。ケッキング以下ry)。LINEを送るときに枕詞で“寝てるだろうけど”と付けるといい感じ♪ただ安心してほしい、練習時は起きている。ぜひとも新入生には開眼した彼女の力を感じ取ってほしい。 From Yoshioki Jinzenji

 

JPDU
Aoi Ishibashi
可愛らしい顔の下に持ってる意思の強さは随一。フェミニスト。これ書いた人は何故か彼女に「キラキラしてる」てきなことを言われたけど正直誰からみても彼女の方がキラキラしてると思う…。
From Sakura Yamada

 

 

Other
Emin Kursat ASLAN
アスラン。。。なぜかあるガンダムのキャラクターと同じ名前だろう。。。と初めてあったときの思ったこと。トルコから来た彼はすごくフレンドリーで、笑顔が特徴です。外国人の部員の三人の中から一番外国人らしい顔ですが、流暢に日本語が話せるから、怖がらずに彼と話しましょう。
From Gato

 

Tsubasa Kamiyama
白神山地、LINE公式アカウント、掃除機、ルンパッパッパッパ…。LINEの名前が謎なものへと変遷し続けるこの男の名はそう、神山翼。整った容姿からは想像できないほどの変わり者。彼の考えていることを理解するのは困難であるが、関西で鍛え上げたからであろうか、彼と話すのは非常に楽しい。また自称履修開拓者である彼は難解な授業(主に数学)に常に挑み続けている。最近は“前下がりボブ”を目指し髪を伸ばしているが、周りからの評価はいまいちのよう。一般受けを狙うか、自分の理想を追求するか、今後の変化が楽しみである。 From Suzuka Fukumura

 

Hana Hattori
はな。真面目でガッツにあふれた、芯のある性格。服装、言動、インスタなどから醸し出される雰囲気はイケてるキラキラ女子大生そのものであり、キラキラ度の足りない(暴言)Hit-Uに新たな風を吹かせてくれるだろう、、、と思いきや…?実は彼女、新歓期にHit-Uに一度は見学に来たものの入部を断念し、9か月後にまた見学をして入部を決めてくれたツワモノ。入部理由の一つであった雰囲気の良さ、これから一緒に作っていこう!まだまだ彼女の可能性は未知数。これからの活躍に期待である。 From Moeka Sato

 

Kaho Tomizawa
通称とみかほ。綺麗にグラデーションがかったふわふわの髪の毛がトレードマーク。りすのようなあいくるしい見ためではあるが、けっこうサバサバしている。しかし優しい。マターをよくだし、確かな英語力でスピーチをするため、一緒に組むと頼もしい。リプライスピーチではジェスチャーを多用し、よく動く。アカペラも出来て、多分歌が上手い。彼女には熱中している趣味があり、とても楽しそうである。仲良くなったら聞いてみよう!
From Aoi Ishibashi

 

Momoka Tsuji
知り合った当初は大人しくて女の子らしい、まさに“ももかちゃん”ってかんじの印象だった彼女。化けの皮を剥がしてみると、可愛らしい一面は面影を残しつつもめちゃくちゃ面白くてキャラが濃い、ももかちゃんというよりは辻ってかんじの子。(笑)
そんな彼女は、気配り上手で根は真面目な頑張り屋さん。この春から入部した彼女は、徐々にももかちゃんから辻へと彼女の本領を発揮してくれることでしょう‥!
From Hana Hattori

 

Sakura Yamada
マシンガントークが持ち味。一度仲良くなれば永遠に喋ってられるんじゃないかと思えるほどだ(褒めてます)
そのトーク力はディベートにも表れており、マシンガンの弾のごとく撃ち出される分析はひとたび繰り出されれば相手サイドを蜂の巣にしてしまう。
今後も彼女の活躍には期待がかかる。
From Daisuke Inagaki